歌詞集

2020-05-16 09:00:00

たよりない安穏に
寄りかかるたび 転んでいた
揺らいでる この心
もう作り笑いにサヨナラ

さみしさを
誰かと分け合う前に

心が感じる光の射すほうへ
歩き始めるわたしが
かじかんだ手に 握りしめた夢
冷たい風に向かって咲く
ひまわり


愛なんて うわのそら
それでも 時には涙ぐむ
まちがいは
お別れの背中越しにだってわからない

でも
決めたなら
迷っても、進みなさい。

心が感じる光の射すほうへ
歩き始めたあなたが
誰のためでもなく 見つけた夢
必ず雪の上にも咲く

心が信じる光の射すほうへ
歩き続けるわたしが
凍える手を広げ つかんだ夢
まだ見ぬ明日に向かって咲く
ひまわり


作詞:やなせなな
アルバム『遠い約束』(2007年)収録
©Studio Tabby

★動画はコチラ

yakusoku.jpg

2020-05-15 09:00:00

街角の夢遊病
くらり
倒れ込んだ君を
誰もが追い越してゆく
せいいっぱい
それぞれの日々

無愛想な人の群れ
ほんのわずかな先を 急ぐ
うずくまる君には
夢の続きが探し出せない

明日を失った人に
心痛めるふりで
わたしじゃなくてよかった なんて
守る
けれど 何を

行方知れずの君を
忘れたように賑う街
立ち止まるわたしは
君の見た夢を探している

このまま もし 消えても
誰も気づかないだろう
わたしも
遠く
遠く
遠く
逝きたい
けれど どこへ

街角の夢遊病
ふらり
短い旅をしただけ
引き返すわたしは

君の残した明日を
生きる。



作詞:やなせなな
アルバム『遠い約束』(2007年)収録
©Studio Tabby

★動画はコチラ

yakusoku.jpg

2020-05-14 09:00:00

空に広がる入道雲
もうすぐ ひと雨来るかもしれない
流れ落ちる汗を拭って
働く僕は 今日もまた 急ぎ足

こんな時に 不意に「どうしてる?」
なんて聞かれて
何を話せばいいんだろう
とにかく
時は流れたんだ
言い訳なんて 僕にはできそうにない

今もまだ
心の奥に残る宿題
僕に問いかけ続ける 白紙のままのノートに
震える手で 書き込む答え

夏休みは 終わったんだ

守りたいことが増えてゆく日々
臆病になったな、と時々は思うよ
つまらない大人が嫌いだったあの頃
ほんとうの強さを 僕は知らなかった

 

空に輝く稲光
激しいにわか雨が僕を濡らす

流れ落ちる涙拭って
生きてく僕は 今日も無理して 笑う

入り組んだ
心の底に沈めた夢
今も胸に蘇る あの日のままの結審
でも これからは
捨てても構わない
夏休みは 終わったんだ

守りたい人がすぐそばにいる
窮屈になったな、と時々は思うよ
つまらない大人になりたくなかった頃
あなたの痛みに気付かないままで

守りたいことが増えてゆく日々
臆病になったな、と時々は思うよ
つまらない大人が嫌いだったあの頃
ほんとうの強さを 僕は知らなかった

作詞:やなせなな
アルバム『遠い約束』(2007年)収録
©Studio Tabby

★動画はコチラ
yakusoku.jpg

2020-05-13 09:00:00

いつものように
ただいま と 君の声
うれしいことがあったのかな
すぐに わかるんだよ

照れくさいからね
ありったけの愛は 隠し味に
わざと何でもないような顔して
おかえり

しあわせは
お鍋の中 ぐつぐつ煮込めば
とけてゆく
ひとつになる
おだやかな奇跡を 今日もありがとう


いつものように
ただいま と 君の声
かなしいことがあったんだね
すぐに わかるんだよ

何もできないから
溢れるせつなさは 隠し味に
でも 涙に背を向けたりしない
おかえり

かなしみは
お鍋の中 ぐつぐつ煮込めば
とけてゆく
ひとつになる
腹ぺこのふたり(※君が) 笑った

向かい合うテーブルには
それぞれが抱く さみしさ
噛みしめて 手を合わせる
あたたかい奇跡を 今日もありがとう


作詞:やなせなな

アルバム『遠い約束』(2007年)収録、短編映画『祭りのあと』(2017年)挿入歌
©Studio Tabby

★動画はコチラ

yakusoku.jpg

2020-05-12 09:00:00

なぜわたしはここにいるの
憶えていない
あなたのやさしいほほえみの他に 何も

流されて辿り着いた 見知らぬ街では
互いのぬくもりだけが
答えになる

けれど
いとおしいそのすべてに
誰も皆 別れを告げて
去り逝くさだめ 背負う旅人

だから
睦み合い 刻んでゆく
遥かなる時を越える約束
愛する怯え 抱きながら
繰り返し


朝日に照らされて輝く ちいさな花
心に映るもの
ひとつひとつが なつかしい

あなたが流す涙は やがて雲となり
やさしい雨は 今日もわたしの上 降り注ぐ

いつか
いとおしいそのすべてに
誰も皆 別れを告げて
去り逝くさだめ 背負う旅人

だから
睦み合い 刻んでゆく
遥かなる時を越える約束
同じ空に帰る日まで
繰り返し

同じ空に帰る日まで
繰り返し

作詞:やなせなな
コンピレーションアルバム『カフェミルトンへのサウダージ』(2005年)、アルバム『遠い約束』(2007年)収録
©Studio Tabby

yakusoku.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9